ブログトップ

fullscale

ryoheifull.exblog.jp

ランサー組み立てのコツなど その1

今回、初めて男性キャラクターを造ったわけなんですが、そのせいもあってか、買っていただいた方の中に初ガレージキットという方も数人お見かけしました。(初めての男にしてあげてくださいなんてセリフも飛び出してましたが…)

自分のキットはキャスト手流しですし、お世辞にも組み立てやすいとはいえない出来ばえです。
ガレキの組み立てはいろいろなサイトが存在しているとは思いますが、ちょっと難しそうなところがあったので、仮組の流れとともに紹介してみたいと思います。


b0190171_1724516.jpg

軸打ちと呼ばれているパーツどうしをアルミ線などでつなげる作業に使う道具です。
右から1.5ミリアルミ線、1.5ミリのピンバイス(ドリル)、スジ彫りなどに使うニードル。


b0190171_1163814.jpg

まずはパーツのつなぎ目であるダボにシャーペンで対角線を書いて中心を出します。


b0190171_132422.jpg

出した中心をニードルで突いてドリルの刃がずれない様にへこみをつくります。


b0190171_1483332.jpg

ピンバイス(ドリル)で穴をあけます。この時穴が斜めになってしまわない様にダボの面に垂直に穴をあけていってください。
深さは場所によりますが大体5ミリぐらいでいいと思います。


b0190171_1541627.jpg

差し込む側のパーツも同じ事をして穴をあけます。位置決めがテキトーに感じますけど、意外に大丈夫だったりするのでご安心を。


b0190171_201975.jpg

アルミ線を刺して


b0190171_395321.jpg

ニッパーでカット。こちらも5ミリくらい。
突然出て来たニッパーですが、金属用とプラスティック用、2種類あると便利です。


b0190171_1113737.jpg

相手のパーツの穴に差し込んで仮組していきます。
自分は分割していた方が塗装のしやすいパーツ意外は先に瞬間接着剤で固定してしまったりしてます。

ランサーのキットはパーツも大きいものが多く、組み立て自体はそんなに難しくないと思います。


ただ、ここからが本題と言ってもいいのですが、このキットは両腕が分割されていて、槍もキャストで出来ているため無造作に腕を固定してしまうと、槍がしなってしまう問題が起こります。

これを防ぐための作業が少し難しく感じたので、次の投稿で自分がやってみて調子のよかった方法を紹介してみよう思います。よかったら試してみてください。

その2に続きますー
[PR]
by full-scale | 2015-08-29 17:40 | ランサー
<< ランサー組み立てのコツなど その2 最速の蒼き槍兵ランサー パーツリスト >>